「不器用なラブソング」の歌詞 岡田浩暉

1996/11/1 リリース
作詞
松本隆
作曲
佐久間正英
文字サイズ
よみがな
hidden
Ah りしきる孤独こどくにずぶぬれの都会とかい
さびしさの水位すいいくびのあたりまで
そんな時君とききみしたかさ
未来みらいれないようにねってね

Ah こころ片隅かたすみでスイッチがはい
あい電流でんりゅうたち 身体からだもきらめく
ゆめはなしなど苦手にがておれ
時間じかんわすれてかたったね

不器用ぶきようなラブソングだけどきみにあげる
いま かぜ音符おんぷあつめて
ギターを真似まねしてうたってあげる
不器用ぶきようなラブソングだけどきみにあげる
もうきみ不幸ふこうにならない
だっておれがそうさせない

二人ふたりをつないだ
こころ五線紙ごせんし

不器用ぶきようなラブソングだけどきみにあげる
もうきみ世界せかいなか
おれ椅子いすすわってつづけるよ
不器用ぶきようなラブソングだけどきみにあげる
もうきみ不幸ふこうにならない
だっておれがそうさせない

だっておれがそうさせない