1. 100分の1の確率歌詞

「100分の1の確率」の歌詞 岡田浩暉

1996/11/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
TAXIのなみ ぬいながら
空車くうしゃサイン さがきみはやはやく)

ふいにりだした あめさえも
きみ味方みかたするさ
かみちた しずくはら指先ゆびさきほそすぎて

おとこらしく しおらしく
ナイトしんしのふり するけれど(むねなかは)

いとしくて」「せつなくて」「きみかえしたくない」
そんな言葉ことばなら いくらでもうさ けどなにちがうでしょう

ああいま こころを(ちょっとさむい)
素直すなおひらいて(まどめて)
ふたりで いるから(かたがふれる)

アスファルトが れてかがやきだす

ちいさくなる きみこえ
最後さいごほう こえない(なんてったの?)

またふざけてる ふりをして
横顔よこがおわらうけど

ねえ ずるいよ こっちを
最後さいごのカードいて

ああ いま こころを(みたれ てるの)
このに あずけて(ちょっと こわい)
言葉ことばきたし(なにって)

ねえ おしえて きみいていいの

ふたりでいるから(もっとちかく)
言葉ことばきたし(なにって)
ふたりでいるから(ずっと ずっと)

ねえ おしえて きみいていいの