「ハナウタ」の歌詞 岡野宏典

2007/10/24 リリース
作詞
岡野宏典
作曲
岡野宏典
文字サイズ
よみがな
hidden
このまち片隅かたすみかすかにいきをしている
ぼく背中せなかはあのころから わったのかな?
すこしずつわってく 夕暮ゆうぐれのかぜなか
今日きょうまでの事思ことおもして 鼻歌はなうたにかえて

「どこまでつづけばわりはえるの?」
こたえをもとめて彷徨さまよったあのころ
この道遠回みちとおまわりかもしれないけど
えらんだなら無駄むだじゃない

らないきみのこした言葉ことば
むねちからえてぼく
いびつなメロディでもいい 鼻歌はなうたになるなら
そこでなみだてもまえ

かたちばかりもとめて あせ自分じぶんころした
だけど上手うまきること簡単かんたんじゃない
まわりはくちそろえて おなことかえ
かりきったこととはいえ すこえる日々ひび

ひとひと大切たいせつなものを
このまもってけたらいいけど
あれこれ 自分じぶん最後さいごえゆく
ならいままっとうすべきなのかな

こえにならぬおもきみ出会であった
ときぎゆくままにぼく
いびつなメロディだからいい 鼻歌はなうたにかえよう
そして出会であえたわけが なみだ

らないきみのこした言葉ことば
むねちからえてぼく
いびつなメロディだからいい 鼻歌はなうたになるから
そこでなみだてもまえ