1. 光歌詞

「光」の歌詞 岡野宏典

2007/10/24 リリース
作詞
岡野宏典
作曲
岡野宏典
文字サイズ
よみがな
hidden
きみえたことが ぼく泪拭なみだぬぐった
やさしいひかりを ただそっとともしてくれた

きみがいてこそのぼくであると不意ふいおもった

むね暗闇くらやみなか かすかなかりがいま
すこしずつ すこしずつ ふくらんでいくよ
あらゆるものをらし みとめるひかり
くしてたこの希望きぼうまよいはしないさ

まぶたをじてみれば きみ笑顔浮えがおうかんで
こころなかひとやすらぎあたえてくれる

二人重ふたりかさねる日々ひび永久とわなどらないけど…

とおはなれてこそ えてくるものがある
ぼくらはていても おなじじゃないから
たがいにらしえば ここにいる意味いみ
あふるこのおもいをくしてしまわぬように

ちかづくたび はなれるたびに
おもいはつの言葉ことばにならない
世界せかいやみおおわれても 二人ふたりならば
光放ひかりはなてる

ぼくこえ きみのすべてがいま
おおきく おおきく かがやきをすよ
どんな言葉ことばよりも つたわるその
そばにいてもはなれていても こころをつなごう
ぼくぶよ
ぼくんで…