「履物と傘の物語 <岩佐美咲バージョン>」の歌詞 岩佐美咲

2015/4/29 リリース
作詞
秋元康
作曲
片桐周太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
ある田舎いなかえきちか
2つのみせならんでました

履物屋はきものやさんと傘屋かさやさんの
おばあちゃんは仲良なかよしでした

それぞれのいに先立さきだたれて
どもたちも自立じりつしました

おばあちゃんたちにのこされたのは
きゃくすくないこのみせだけ

それでも2人ふたりはしあわせでした
はな相手あいてがそばにいたから

履物屋はきものやさんのおばあちゃんが
微笑ほほえみながらくなりました

傘屋かさやさんのおばあちゃんも
あとうようにくなりました

それぞれの家族かぞく片付かたづけたとき
みせおくおどろきました

履物屋はきものやさんのれには
かさがいっぱいありました

傘屋かさやさんのれには
履物はきものがいっぱいありました

たがいのみせまでったりたり
そう自分じぶんたちがきゃくになってました

履物はきものかずだけ かさかずだけ
しあわせがそこにありました

しあわせがそこにありました