「帰郷(岩佐美咲バージョン)」の歌詞 岩佐美咲

2012/2/1 リリース
作詞
秋元康
作曲
上杉洋史
文字サイズ
よみがな
hidden
どこまでもつづ
一本いっぽんみち
ひさしぶりにあるいてみよう
青空あおぞらした
とおやま田園でんえんとが
まじわったあたりが
わたし故郷ふるさと

ゆめってた
都会まち時間ときはやくて
おもしてる余裕よゆうがなかった

ああ ごめんね
心配しんぱいかけてたよね
かあさんから
もらっていた
手紙てがみにも返事へんじさえせなくて…
ああ ごめんね
なんとからしてたよ
まどそと
ながめながら
何百回なんびゃっかい
弱音よわねいた

かぜのそのにお
かわのせせらぎも
すべてのもの なつかしくなる
まれてそだった
この大地だいち
かえ場所ばしょ
いまさらわかった
わたし原点げんてん

ゆめはまだている
ひとだれ旅人たびびと
らない未来みらい ってみたいだけ

ああ ありがとう
今日きょうまで頑張がんばれたよ
とうさんから
ふいの電話でんわ
きびしさとやさしさを無視むししてた
ああ ありがとう
これからも頑張がんばれる
どんなとき
味方みかただった
ビルの隙間すきま
故郷ふるさとそら

ああ しあわせ
明日あしたからまたある
はなれてても
むねおく
いつだって このみちつづいてる
ああ しあわせ
みんなに見守みまもられて
きっと いま
一人ひとりじゃない
かえれば
故郷ふるさとそら

かえれば
故郷ふるさとそら