「思秋期」の歌詞 岩崎宏美

1977/9/5 リリース
作詞
阿久悠
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
足音あしおともなくぎた
季節きせつをひとり見送みおくって
はらはらなみだあふれる
私十八わたしじゅうはち
無口むくちだけれどあたたかい
こころったあのひとの
わかれの言葉抱ことばだきしめ
やがて十九じゅうく
こころゆれるあきになって
なみだもろいわたし
青春せいしゅんはこわれもの
あいしてもきずつき
青春せいしゅんわすれもの
ぎてからがつく

ふとしたことで
はじめての
くちづけをした
あのひとは
ごめんといった
それっきり こえもかけない
卒業式そつぎょうしきまえ
こころげにたひとは
わたしなや顔見かおみ
かたをすぼめた
だれかれとおぎて
二度にどとここへない
青春せいしゅんはこわれもの
あいしてもきずつき
青春せいしゅんわすれもの
ぎてからがつく
ひとりで紅茶こうちゃのみながら
絵葉書えはがきなんかいている
元気げんきですかみなさん
いつかいましょう
無邪気むじゃきはるかたらいや
はなやぐなつのいたずらや
わらいころげたあれこれ
おもあき