1. 銀色の月歌詞

「銀色の月」の歌詞 岩瀬敬吾

2003/10/29 リリース
作詞
岩瀬敬吾
作曲
岩瀬敬吾
文字サイズ
よみがな
hidden
あのまでウソをついた えないものをえるとった
だいぶたってえてげてしまっていた日々ひびやむ
えかけたいしにしがみつくのに必死ひっしになる
この気持きもちは以前いぜんにはない 心底しんそこおもだれでもないほこ

りはしない いつかひろうみしめとお
とおりすがりもあいしている

銀色ぎんいろつきみたく色彩しきさいうつったのは
えないこころ気遣きづかっていた ひとをつなぐレーン

ドラムかんもるしまはずっとひろくなってゆくさ
みならしてみちにヒビがはいりクレームだけさけ

窮地きゅうちってもすくいようのないひとだけ
たすかってしまうみちばかりつくってしまう

トンネルないひび騒音そうおんまれわってしまうなら
そらせないほどに って うなって うたがった

みじかくもしあわせになる日々ひび
いつかな いつかな いつかなって
えがいたひとがいた 弊害へいがいをもたらすな
日々ひびいた日々ひびいた
日々ひびいた日々ひびいた