1. きみの朝歌詞

「きみの朝」の歌詞 岸田智史

1979/3/21 リリース
作詞
岡本おさみ
作曲
岸田智史
文字サイズ
よみがな
hidden
よこたわるきみのかお
あさひかりしている
過去かこおもさを
あらおうとして
たどりついたふかねむりよ
わかれようとするたましい
出会であおうとするたましい
あゝ こころよりからだのほうが
たしかめられるというのか
モーニング モーニング
きみのあさだよ
モーニング モーニング
きみのあさだよ

いそあし ふととめて
ふりかえれば夕焼ゆうやけが
このさき いくら
きてくのか
こんなくらかり姿すがた
まれようとするたましい
いぼれてゆくたましい
あゝ 人間にんげんのはしくれに
まれてきたというのに
モーニング モーニング
きみのあさだよ
モーニング モーニング
きみのあさだよ
群衆ぐんしゅうをのみこんだ
都会まちかなしみのうずなか
コーヒー 一杯分いっぱいぶん
やさしさを
そそぎこむ ぼくのうた
かわろうとするたましい
よどんでしまうたましい
あゝ からだじゅう
かがやきながら
旅立たびだってゆけ あさ
モーニング モーニング
きみのあさだよ
モーニング モーニング
きみのあさだよ
モーニング モーニング
きみのあさだよ
モーニング モーニング
きみのあさだよ