1. 太陽歌詞

「太陽」の歌詞 島みやえい子

2006/10/4 リリース
作詞
Eiko Shimamiya
作曲
Eiko Shimamiya
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくこわれてしまうこときみきずつくのをていた
かぜらない ざした部屋へや

ぼくなにかをおそれている そしてこんなにもとめている
ゆるせないもの ゆるさなければ

あぁ たたかいにれた瓦礫がれき部屋へやにも
太陽たいようはそうひかりばしてくる

あぁ こんなにも自分勝手じぶんかって世界せかいげる
そんなぼく太陽たいよう微笑ほほえみかけるんだ

きみただしさをりかざし ぼくはそのたび敗北はいぼくした
ちいさいころも そしていまでも

あぁ 太陽たいようかしてみたぼくのひらは
きたくてせめぎあう血潮ちしおあふれて

あぁ 物言ものいわぬそのひかりにはじめてなみだした
太陽たいようはずっとぼくゆるしていたんだ

はるかとおとおくなるほど
なが旅路たびじちはだかるきみともにいた
どんなにげて どんなにっても
ここでしかかえされない寸劇すんげきまくろそう

あぁ わかるんだ ぼくなかぼくもどってくる
太陽たいようがそのひかりつつんでくれる

さぁ とおくまででかけよう あたらしいたびへと
太陽たいようにいつまでも見守みまもられながら…