「プラハの女」の歌詞 島谷ひとみ

2007/3/7 リリース
作詞
shungo.
作曲
川端良征
文字サイズ
よみがな
hidden
めぐ歴史れきし 運命うんめいひと
時代ときえて また出逢であいましょう
かつて 此処ここ黄金おうごんみやこ
ひかかがや別離わかれさえ

落陽らくようこわいほど まったプラハ
刹那せつなほどうつくしい ...たった一秒いちびょうでも

さよならは った瞬間ときってた
こころだけでげてたあいを そっとつぶやいた
...って背中せなか

たった一度いちど いた あなた
カレルばしわたりきるまえ
すべてててりたかった
...だけど、わたしった

まちにまた おそはる やってった“無常むじょう
ゆき草花くさばなはそっと芽吹めぶくのに

あなたへのってまないおも
わたしだけがもらせ、こごえ、まっている
...ってたの、あなたを

宿命さだめさえも けないもの
こころ”だけは げていくわ
ついゆめ灯籠とうろうのように
ながし、かえそう モルダウへ

さよならは った瞬間ときってた
こころだけでげてたあいを そっとつぶいた
...って背中せなか

たった一度いちど いた あなた
カレルばしわたりきるまえ
すべてててりたかった
...だけど、わたしった

めぐ歴史れきし 運命うんめいひと
時代ときえて また出逢であいましょう
かつて 此処ここ黄金おうごんみやこ
ひかかがや別離わかれさえ