「ANGELUS -アンジェラス-」の歌詞 島谷ひとみ

2004/8/11 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
だれかのためながすナミダ いのりのようにほほにつたう
それを"よわさ" とかくさないで "やさしさ" とれて

呼吸こきゅうさえもわすれさせる ひとみなかに みつけたそら
太陽たいようだけがかがやいてる なにさがしつづける?

かがみをみつめ ちかった あの あなたには きっとえてた
自分じぶん背中せなかにも つばさがあると

あなたがわり 世界せかいわる
ゆめとどあいほのお
ゆらゆら蜃気楼しんきろう えて
そらにはヒカリ 大地だいちみず
そのこころつよさを
未来みらいへ たどりつく ANGELUSアンジェラス

のぞみがもしかなうのなら かぜになることえらぶでしょう
まよいをてたあなたの羽根はね わたしかぜをつかむ

高鳴たかなむねおそれる気持きもいたみがざりあう過去かこ
れたら そこに 原色げんしょくにじ

一秒いちびょうごとに 世界せかいえる
きざみだした あい鼓動こどう
ジリジリがる ねが
うみよりふか見果みはてぬゆめ
もとめる つよさが
やみらしてゆく ANGELUSアンジェラス

はしりつづけるなら てるはず…」

あなたがわり 世界せかいわる
ゆめとどあいほのお
ゆらゆら蜃気楼しんきろう えて
そらにはヒカリ 大地だいちみず
そのこころつよさを
未来みらいへ たどりつく ANGELUSアンジェラス

情熱じょうねつ破片かけらにして