1. 鳴らない電話歌詞

「鳴らない電話」の歌詞 崎本大海

2012/8/22 リリース
作詞
平義隆
作曲
平義隆
文字サイズ
よみがな
hidden
携帯けいたい着信履歴ちゃくしんりれききみあふれてるのに
さよならのたった一言ひとこと他人たにんよりもとおくなっていく
はじめての電話でんわきみからくれた夜覚よるおぼえてる?
たがいにどこかぎこちなく 言葉ことばまらせてたよね

ほんのささいなすれちがいで まずくなっていく距離きょり
もどすべ何一なにひとつないと
きみ沈黙ちんもくかなしく今告いまつげているよ

せめてもう一度いちどだけでもいいから こえかせて
ずっとらない電話でんわにぎ
みみましているけど もうあいこえない

きみがほらたがっていた映画えいが きたかったあのうみ
たせないままの約束やくそくが ただのおもわっていく

あの日撮ひとったけの写真しゃしん 無邪気むじゃきにほほえむ二人ふたり
今日きょうのことなど なにらずに
ずっといまわらずに わらいかけているのに

せめて最後さいごにいつものかた名前なまえんで
きっときみがどこにったとしたって
すべてぼくは すぐにむかえにくから

せめてもう一度いちどだけでもいいから こえかせて
ずっとらない電話でんわにぎ
みみましているけど…

きっともう二度にどとどくはずないと かっていたんだ
いつかきみ番号ばんごう消去しょうきょする 勇気ゆうきてるときには

このあいわすれたい
このこいほこりたい…