「声」の歌詞

2008/4/23 リリース
作詞
小川貴史
作曲
多田慎也
文字サイズ
よみがな
hidden
かぜまちたたずんだまま けばもうちてえてた
はじまるしずかなよる一人ひとりていた
きみといつもわせた場所ばしょけてまだ遠回とおまわ
まちあかりがかがやくたびに またぼくまる

ちいさなうそもわがままも いつもきみのせいにしようとした
そら見上みあげて何度なんどおもせばこころけそう

サヨナラずっときみだけを まもりたかったいつまでも
無理むりわらってわすれたふりしても きみをずっとわすれない

れたゆびゆびさがきみ気持きもぼくおも
どんな言葉ことばもいらないくらい こころとどいた

きみにはきみそらがあり ぼくえたのはぼくそら
ふたりかさねたカタチが すこしずつわっていた あのころは・・・

こえらしてさけんでた とどかないんだ このおも
きみちかった未来みらい途切とぎれた あのはきっとかえらない

サヨナラずっときみだけを まもりたかったいつまでも
無理むりわらってわすれたふりしても きみをずっとわすれない