1. 夏の終わりに想うこと歌詞

「夏の終わりに想うこと」の歌詞

2006/8/2 リリース
作詞
小川青史
作曲
上野浩司
文字サイズ
よみがな
hidden
こころちいさなあわがはじけていくみたいだ
しずかに確実かくじつにほらなつ

よろこびやしあわせなんて特別とくべつなものじゃない
そんなふうちいさく微笑ほほえきみがいた

ありふれた出会であいが素敵すてき今日きょうまでそだった
きみもおんなじ気持きもちなのかな?

きしめたこわれるほど こわれるほどたしかめてた
むね鼓動こどうかさなればぼくらはひとつになる

ありのままをつたえたくてきみ全部知ぜんぶしりたくて
素直すなおになれないぼくむね

二度にどもどれはしない季節きせつむねちかうよ
これからもずっとしんじてほしい

きしめたゆめなかゆめなかいきをとめた
おもがあふれだしてはじまるなつわり

しそうなそらにも
ずっとそばにいるよ

きしめたこわれるほど こわれるほどたしかめてた
むね鼓動こどうかさなればぼくらはひとつになる

きしめたゆめなかゆめなかいきをとめた
おもがあふれだしてはじまるなつわり

一度いちどきりのこのなつえてみようよ ふたりで