「Breathless」の歌詞 (映画「プラチナデータ」主題歌)

2013/3/6 リリース
作詞
HYDRANT
作曲
Takuya Harada,Christofer Erixon,Joakim Bjornberg
文字サイズ
よみがな
hidden
なにもとめ どこへくのか

見覚みおぼえのあるその姿すがたを まどろみのなかいかけてみる
ゆめめてもおもせない ちた時間とき隙間すきまただようだけ

した このおもいは もうとどかない
孤独こどくさえ運命さだめならば ふるえるこころつよめて

体中叫からだじゅうさけんでる まるで無限むげん迷路めいろ
きずだらけの記憶きおく かなしみのてまで 彷徨さまよって
うそのない世界せかいなど どこにもない時代じだいでも
たしかめたい 自分じぶんだけに きざまれてるDNA
もがいている さけんでいる きる自分じぶん姿すがたさがつづけて

いつしかなみだてた りつぶされてたいたみさえうずきだして

まえだけは もうはなさない けしてえないで
約束やくそくはかなくとも このぬくもりをただめる

わらないふかやみ れられない時間じかんにも
二人ふたりだけの記憶きおく わらずあるのなら おしえて
かなわないねがいでも こたえのない世界せかいでも
あいすること それだけは まっていたDNA
かえるとき その微笑ほほえみを つよけたいから まぼろしでも

自分じぶんかくされた もうひとつの姿すがた なにかをささやいてる
もとめるものはひとつ」 この真実しんじつはなしてる

体中叫からだじゅうさけんでる まるで無限むげん迷路めいろ
きずだらけの記憶きおく かなしみのてまで 彷徨さまよって
うそのない世界せかいなど どこにもない時代じだいでも
たしかめたい 自分じぶんだけに きざまれてるDNA
もがいている さけんでいる きる自分じぶん姿すがたさがつづけて