「Flashback」の歌詞

2008/4/23 リリース
作詞
小川貴史,桜井 翔
作曲
今井晶規
文字サイズ
よみがな
hidden
なつ夕暮ゆうぐれをつめてる 生温なまぬるかぜなか一人ひとり
どこかではしゃいでいるこえこえていた
きみといたなが月日つきひは どこまでもわることはなく
笑顔えがおこう あるいてゆける がしたのが昨日きのうのよう

無意識むいしきおもかえしてる 自分じぶんがついたぼく
なにわれないままでまって…

きみりない日々ひび まだれないまま ここまでごしてきた
いまさらまたきみさがしてる このむねさったままのあいのカケラ

どしゃりのあめらずに うす水色みずいろそら
駅前えきまえあのちいさなみせわりにした
めていく紅茶こうちゃのなかに かびがるまど景色けしき
おもくらい あまにがくて せつないほどえていた

つたえたいことがなにもかも 間違まちがっていったあのころ
もどれるならいますぐにもどりたくて…

づいていた ただ素直すなおになれたら こたえはひとつになる
びかければまだきみこえとどくような てのないあい言葉ことば

ボーッとしてると「あ…」まただ
あのとき笑顔えがお 現在いまもまだ
こえまたこだま おかしいのかな…
気持きもちとはまだまださかさま(ha...)

夜景やけい綺麗きれいなとことかって
ありきたりの言葉ことばとかなんかって
視線合しせんあわせないままも かた
"なんかって"こまって ってたな あなたが…

とおぎてく季節きせつきみとおくへれてゆくよ
とおぎてく季節きせつぼくなにつけるのだろう

きみりない日々ひび まだれないまま ここまでごしてきた
いまさらまたきみさがしてる このむねさったままのあいのカケラ

こわれたままのあいのカケラ