1. キミといた証歌詞

「キミといた証」の歌詞 川上ジュリア(JURIAN BEAT CRISIS)

2011/8/10 リリース
作詞
川上朱莉杏,飯塚麻純
作曲
ササキオサム
文字サイズ
よみがな
hidden
アタシは夢中むちゅうはしかわいた喉感のどかんじながら
明日あしたにはまちるキミにいに
見慣みなれた景色けしきにさえむねさわぐ その笑顔えがおけたいよ

かえれない2人ふたろのこし あのバスがとおぎた
キミ、なにいかけてやめたの?
き」とえずギュッとにぎったを ドキドキしてはなせないでいたよ

もっと もっと もっと いまかさなったおもいは2人ふたりにあふれてく
今日きょうわすれたくはないよ
アタシなにのこせたのかな?キミのなかに、カラダに、そののひらに
ねぇ、キミといたあかしきざんでおきたい

だれもいない教室きょうしつあつかぜとおけた
つめるとこわれそうななつ放課後ほうかご
くちびる眼差まなざし、沈黙ちんもくいたいよ アタシのおくあつしびれさせる

こえで、kiss で、うたぬくもりでアタシでいっぱいにキミをさせるから
すこしだけ時間じかんがほしい
あかあかあかれる夕陽ゆうひ2人ふたりかげびてかさなる
ねぇ、にじんだそらした アタシたちはいた

キミのそばでてる世界せかいは まだこんなにもかがやきにちてるよ
きたくなるくらい綺麗きれいだね

もっと もっと もっと いまかさなったおもいは2人ふたりにあふれてく
今日きょうわすれたくはないよ
アタシなにのこせたのかな?キミのなかに、カラダに、そののひらに
ねぇ、キミといたあかしはここにいるアタシ