1. 停車場歌詞

「停車場」の歌詞 川中美幸

1991/10/23 リリース
作詞
阿久悠
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
季節きせつ似合にあいの停車場ていしゃじょう
都会とかいおんながおりて
みぞれでかすんだ広場ひろばには
小犬こいぬ一匹いっぴきあそぶだけ
ったりたりの人生じんせい
だれにもあるにはあるけれど
二人ふたりかけたあのひとが
一人ひとりるのは かなしいね

やがてはなくなる停車場ていしゃじょう
待合室まちあいしつにはひともなく
何年前なんねんまえかのわす
伝言板でんごんばんには さよならと
くのもわらうも人生じんせい
おもえばなんでもないけれど
それさえつめることもなく
わりになるのは さびしいね

小雪こゆきりつむ停車場ていしゃじょう
都会とかいおんながまたかえ