1. 夏銀河歌詞

「夏銀河」の歌詞 川中美幸

2010/7/7 リリース
作詞
吉岡治
作曲
弦哲也
文字サイズ
よみがな
hidden
あじ小骨こぼね器用きようにとって
ねこえさやる おんなが一人ひとり
まどこしかけ 地酒じざけをのんで
潮風かぜかれる おとこが一人ひとり
なみをまくらの 海鳥うみどり
ひとなさけに とまるよる
しみじみと仮寝かりね宿やどは しみじみと
佐渡さどによこたう なつ銀河ぎんが

ときがこのまま まればいいと
ねこつぶやく おんなが一人ひとり
土地とち言葉ことば馴染なじんだころ
とおをやる おとこが一人ひとり
たび途中とちゅうてなのか
こころまかせの ふえ太鼓だいこ
ほのぼのとやすらぐ宿やどつか
佐渡さどによこたう なつ銀河ぎんが
ルルル…
ルルル…
佐渡さどによこたう なつ銀河ぎんが