「恋歌ふたたび」の歌詞 川中美幸

1996/6/21 リリース
作詞
阿久悠
作曲
藤竜之介
文字サイズ
よみがな
hidden
めまいがしたなら
ころげてちるような
こけむした てら石段いしだん
あぶなげな あしどりで
かささすおんなが おりて
おんなさかりを
からだに まといながら
うつむいた かおかなしさ
なにゆえの てらまいり
くちびる きりりと
みしめて
あのひとに 恋歌こいうた
ふたたび 恋歌こいうた
おんなてては
いけないと
だれうたってあげておくれ

黄昏たそがれせまれば
背中せなかかねひび
小雨降こさめふてら茶店ちゃみせ
二度三度にどさんど ためいきを
茶飲ちゃのあいだにもらしてる
はるかなむかし
はげしいこいのために
情熱じょうねつ使つかたして
いまはもう 過去かこばかり
ゆめみているよに
えている
あのひとに 恋歌こいうた
ふたたび 恋歌こいうた
その
しばっちゃ いけないと
だれうたってあげておくれ
あのひとに 恋歌こいうた
ふたたび 恋歌こいうた
おんなてては
いけないと
だれうたってあげておくれ
だれうたって
あげておくれ