1. 昔のように港町歌詞

「昔のように港町」の歌詞 川中美幸

1993/10/21 リリース
作詞
阿久悠
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
むかしならふね
見送みおくひともいた
わかれはかなしい
ものだった
つとうのも生命いのちがけ
さだめまでもをてきにして
くちびるみしめた
おんなきていた
ああ むかしのように
港町みなとまち

ひとひと
なにかを背負せおってた
身軽みがるひとなど
いなかった
せまい ながらも海峡かいきょう
こころひきかべになり
ときおりのうわさだけ
しんじてつばかり
ああ むかしのように
港町みなとまち

桟橋さんばしみずびたし
なみだまじらせて
はぐれたかもめ
いていた
心変こころがわりをめるのも
えてすべてをゆるすのも
それぞれに人生じんせい
おもえるもの ばかり
ああ むかしのように
港町みなとまち