「春花秋灯」の歌詞 川中美幸

1993/9/22 リリース
作詞
星野哲郎
作曲
小林亜星
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆめてもいいから わせてと
まくらをずらして ねむっても
あなたはない あなたはない ざめのゆか
うめはなびらは
こいしさを かなしさを
つつんでかおわすゆき

ほたるたいと ったのは
二人ふたりになりたい なぞでした
あかりして あかりして たしかめった
むねからむねへ とんでいた
あいあお
あまいだかしい ほたるぶね

てろとわれて てられる
そんなこいなど こいじゃない
何時迄草いつまでぐさ何時迄草いつまでぐさゆびさされても
かなわぬこいきざ
あこがれの 真実しんじつ
小鈴こすずらす のきしのぶ

寝酒ねざけけあう とももない
おんなはひとりで はしござけ
あなたにかわる あなたにかわおとこのいない
自分じぶんむね風穴かざあな
ふりそそぐ こいあめ
いたみでかし時雨しぐれがさ