「浪花灯り」の歌詞 川中美幸

1986/8/21 リリース
作詞
吉岡治
作曲
岸本健介
文字サイズ
よみがな
hidden
だれつやら
あかちょうちんが
あほなかおして れている
かれ囃子ばやし
どこが ええねん
われても
つくしてあだになるやなし
あんたは うちの
浪花灯なにわあかりや 春灯はるあか

むしふうじて 浮気うわきむし
両手合りょうてあわせる 法善寺ほうぜんじ
愚痴ぐちをならべて
ならべきれずに わら
なんぼのもんや 苦労くろうなど
あんたは うちの
浪花灯なにわあかりや 恋灯こいあか

ふたりせても 一人前いちにんまえ
のびしたって
きりがない
にごりみずでも
こまんじゃこさえ
きてゆく
ばれば いつかゆめ
あんたは うちの
浪花灯なにわあかりや 春灯はるあか