1. 雪女郎歌詞

「雪女郎」の歌詞 川中美幸

1990/9/21 リリース
作詞
阿久悠
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
ころんでも こごえても
みちまよって ねむっても
んでえないおんなあい
いて一途いちずいに
あるきながらにゆめ
わすれられないしあわせの
ゆきはしんしん なか
しろおんななみだあかくする

えたなら かれたら
あつ吐息といきにふれたなら
とけてしまうとおんなおも
とおあかりをって
ゆめとうつつの真中まんなか
こころばかりがはし
ゆきはしんしん なか
しろおんななみだあかくする

をたたき こえからし
こい名前なまえびつづけ
いるかいないか いらちながら
のきのつららを っている
こんな姿すがたられたら
ひとのうわさの 雪女郎ゆきじょろう
ゆきはしんしん なか
しろおんななみだあかくする