1. さくら歌詞

「さくら」の歌詞 川嶋あい

2010/5/26 リリース
作詞
川嶋あい
作曲
川嶋あい
文字サイズ
よみがな
hidden
はなやかにいろどられた春色はるいろのショーウィンドウ
ふゆから目覚めざめたまちひとおもおもいにあるいていく
うまくいかないもある まよったときには
すぐそばにいつでもきみがいてはげましてくれたよね
夕陽ゆうひうみけるように こころのドアをノックして
出会であまえ過去かこにこだわるよりいまつめていたい
すこしずつかせよう きみこころさくら
あざやかにでもあたたかく ぼくというのしるしをいま

受話器じゅわきからこぼれしたこえ安心あんしんした
すれちが時何度ときなんどかさねてわかりはじめたやさしさ
夜空よぞらほしがかかるように いまより素直すなおになって
どんな今日きょうもきっとゆるえる きみあるいていくから
すこしずつかせようよ きみこころさくら
遠回とおまわりしてきたけれどいくつものきみ出会であってきた

あいとき2人ふたりちかづけてそしてときはなしてしまう
こいはつらくにがいものなのでしょう えてゆくものでしょう

ゆっくりとかせたい きみこころさくら
ひとつでもおおくの笑顔えがおおものこしてゆきたい
きみといる毎日まいにちふか大切たいせつきていこう
なにもできないかもしれない だけどほらずっとそばにいるよ