1. 桜慕情歌詞

「桜慕情」の歌詞 川嶋あい

2007/6/27 リリース
作詞
川嶋あい
作曲
川嶋あい
文字サイズ
よみがな
hidden
よるのとばりをくぐって昂然こうぜんかがや姿すがた
だれさわれないからだ きみだけしかさわれないはだ
まるでまぼろしみたいなこえきみ名前なまえをよんでいるよ
一年前いちねんまえもなきそうだった いつのまにかこいしていた
あざやかにいていくよ さくら花音はなおとてず
きみのためいていくよ りんと夜空よぞらつめながら

ゆうさりがりたあとにぼんやりと気高けだか姿すがた
はりつけられたようなつき きみのそばでいやされていく
えないときわすれなかった きみがすべてをえがえた
みじか時間限じかんかぎりあるまできみのことこうっていたいよ
あざやかにいていくよ さくら花色はないろをつけて
まよいなくいていくよ えだおもいをのこしながら

どれくらいいただろう こいしすぎて涙落なみだおちた
はなびらがれるころは きっときみからとおざかる
あざやかにっていくよ さくら花風はなかぜって
きみのためっていくよ いつもこころ桜慕情さくらぼじょう