「色のないもの」の歌詞 川嶋あい

2007/12/12 リリース
作詞
Ai Kawashima
作曲
Ai Kawashima
文字サイズ
よみがな
hidden
都会とかいではよるかりがともっていたんだ
夜明よあけがくれば本当ほんとう姿すがたえてくるけれど
つね競争きょうそうでもしてるかのような社会しゃかい
だれがその歯車はぐるまをまわしたんだ? よく歯車はぐるま
りないものばかりめようとするけど
わすれてるものがたくさんあるだろう もっと
づいてますか?いろのないもの
にもとめないたりまえ
ぬくもりはいつだってそうひとてのひらだけじゃない
微笑ほほえみとおなじくらいのスピードでぼくらはささえられてる

情報じょうほうものえていないくにまれ
どこにいても安心あんしんしてらせる毎日まいにちがある
もしも明日僕あしたぼくえてしまったとき
だれぼくのすべて意識いしきしてくれるだろう
コンビナートのひかりにじむそらはいつもここにあって
ははのようなあたたかさではなかすつちもある
見渡みわたせば充分じゅうぶんすぎる現実げんじつ しあわせだとかんじたい

づいてますか? いろのないもの
皮肉ひにくなほど無色むしょくなものに
くしたときだけこまってあとはなにかんがえない
さりげなくもうれいながらゆめってきているんだ
そんなときにかげながらもまもってくれる存在そんざい
いつもいつもそばにいてくれているんだ
おもしてほしいんだ