「桜」の歌詞 川本真琴

1998/4/1 リリース
作詞
川本真琴
作曲
川本真琴
文字サイズ
よみがな
hidden
くしゃくしゃになってた
てるつもりの
卒業証書そつぎょうしょうしょ
ねぇ かえっこしよ
はしゃぐ下級生かきゅうせいたちに
されてほどけて
しまう指先ゆびさき
かたっぽのくつ
コツンってぶつかる
距離きょり
ねぇ キスしよっか
はるかぜうらんだりしない
さくらかみに ほら こぼれた
今誰いまだれ使つかってるの
窓際まどぎわならんだせき
こっからえるかな
絶交ぜっこうだ」ってったよこ
今度こんどこそ絶交ぜっこうだ」
ってった
だれづかないつくえうえ
あたしたちが
そっといきしている
さくらになりたい いっぱい
かぜなかで いっぱい
ひとりぼっちになる
練習れんしゅうしてるの
深呼吸しんこきゅう途中とちゅう
できない できない
できない できない
神様かみさまつくりかけて
やめてしまった
こんな気持きも
わかんない ぜんぜん
あたしとあたしの
あなたにふれたとき
できない できない
できない

らないひと
こえかけてくるの
ってたけど
あの夕焼ゆうやけで
友達ともだちにまざっていた
ただそれだけで
あったかくなれたの
だっていちゃうと
やっぱブスなかお
られちゃうからさ Mm…
はるかぜうらんだりしない
一緒いっしょ改札かいさつまであるこうよ
「どこにいこっか」
「こっから一番遠いちばんとおいところ」
授業抜じゅぎょうぬした
もっとスピードをあげて
きっつくきしめるから
だれえらばない
かぜかれて
あたしたちがずっと
いかけてた
さくらになりたい いっぱい
かぜなかで いっぱい
ひとりぼっちになる
練習れんしゅうしてるの
深呼吸しんこきゅう途中とちゅう
できない できない
できない できない
発車はっしゃのベルがっても
せなかった
今年ことし一番いちばんやさしいかぜ
あたしのまよってる
一秒前通いちびょうまえとおりすぎる
できない できない
できない

Hi!

「どこにいこっか」
「こっから一番遠いちばんとおいところ」
授業抜じゅぎょうぬした
「いいおも出化でか」できない
きずしんじていたい
しろ
められていく
あたしたち
あたらしくなれるの?
さくらになりたい いっぱい
かぜなかで いっぱい
ひとりぼっちになる
練習れんしゅうしてるの
深呼吸しんこきゅう途中とちゅう
できない できない
できない できない
神様かみさまつくりかけて
やめてしまった
こんな気持きも
わかんない ぜんぜん
あたしとあたしの
あなたにふれたとき …たとき
できない できない
できない