「僕たちの国境」の歌詞 川村かおり

1991/3/21 リリース
作詞
高橋研
作曲
高橋研
文字サイズ
よみがな
hidden
かなしいぐらいにしろゆきがふるあさ
この街中まちじゅうぼく画用紙がようしになる
きみぼくとのあいだの国境線こっきょうせんさえ
しろ世界せかいなかもれてしまうよ

言葉ことばだけじゃこころはまっすぐにつたわらないし
なみだだけじゃよけいにかなしみがつのるから

国境線こっきょうせんえて いますぐいにくよ
どんなひとんでる どんなはないてる
きみむね大地だいちには

いてるようにこえる木枯こがらしのよる
電話線でんわせんこころがかりなんだ
冗談じょうだんばかりをってやりすごしてたら
きみにも本当ほんとうことえなくなりそう

S.O.Sとどけてよぼく必要ひつようだったらさ
むねおくのラジオがきみこえひろうから

国境線こっきょうせんえて かならずいにくよ
どんなみずいてる どんなあめがおちてる
きみむね大地だいちには

国境線こっきょうせんえて いますぐいにくよ
どんなかぜよりはやく どんなくもよりたか
きみむね大地だいちまで

国境線こっきょうせんえて かならずいにくよ
国境線こっきょうせんえて いますぐいにくよ
La La La………