「らせん階段」の歌詞 川田まみ

2012/8/8 リリース
作詞
川田まみ
作曲
井内舞子
文字サイズ
よみがな
hidden
I go up the spiral staircase. もっとたかみを目指めざして
I go up the spiral staircase. そうだ、きみだって

「なってみせるさ」
そうきみちかって いまあらためてそんなふうえるかな
大人おとなになってなかことってって、わけだよね
あましてるのに

くやしくていたのは事実じじつ
それは本気ほんきだってあかしでしょ?
それがあればおそくはないから

いつもこの場所ばしょおな景色けしきてきたんだ
はるさくら なつ花火はなび 見上みあげてばかりじゃつまんない
明日あしたたか場所ばしょ絶景ぜっけいだってえるまで
らせん階段かいだんのぼる
いつかなりたい自分じぶんわる

「なんかれるな」
今更いまさらがして ありがとうも随分ずいぶんわなくなってた
言葉ことばじゃなくてフィーリング、とかって
してきたから つたえられない uh…

本当ほんとう大切たいせつおもっている
なのにまたあたって
これでしかぶつけられない
またもどれるかな

いつもこの場所ばしょおな景色けしきてきたんだ
あき、すすき ふゆ時雨しぐれ れたふくではしゃぎった
わらないなにかをまもためにはすすむんだ
らせん階段かいだんのぼる
だからいつまでも一緒いっしょだよ

季節きせつなかきる息吹いぶきをかんじよう

いつもこの場所ばしょおな景色けしきてきたんだ
でもちがう、つぼみひらいて あのはなもまたいろづいた
ah とどけたいんだ きみにもこの景色けしきごと
らせん階段かいだんのぼる
だからなりたい明日あしたえる

なりたい自分じぶんわる