1. 悲しみの森歌詞

「悲しみの森」の歌詞 川田まみ

2006/3/29 リリース
作詞
Mami Kawada
作曲
Tomoyuki Nakazawa
文字サイズ
よみがな
hidden
背中せなかをそっとなぞるような感覚かんかく
いつかもった まくがまたりてくる予感よかん

かすんだ笑顔えがお とおくなるわらごえ
いまけばきっと がれてちてくから

ひと何故なぜあやまかえしてくのか
あとにもけぬみち 面影おもかげだけのこして

ふかくなるこの傷口きずぐちさらふかいて
もうもどれないのなら しずめてかなしみのもり

多分たぶんいつかはグレイのそられて
ひかりとき あらたなはだれるだろう

びたみどりふかくさせて
もっとびてゆく 太陽たいようもとめていくように

過去かこにおいがした だけどさびしくない
うつりゆく季節きせついろえてゆくけど

あさくなる呼吸こきゅうなみこして
未来みらいなどたくはないのいまとして樹海じゅかいそこまで

ふかくなるこの傷口きずぐちさらふかいて
もうもどれないのなら しずめてかなしみのもり