1. 緋色の空歌詞

「緋色の空」の歌詞 灼眼のシャナ ED 川田まみ

2005/11/9 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
そしてこのそらあかめて
またとき この一身すすむだけ

すれちがっていく'ひと'も まぎくした'モノ'も
いつかは えゆく記憶とき
あつるがす'つよさ' はかなれる'よわさ'
所詮しょせん おな結末みらい

そんな日常にちじょう 紅霞こうかかし
あらわれる くれ世界せかい

かぜになびかせ せんいて
ながれるよなかみさき てき
ったおもみなぎゆめ すべてはいま
この使命しめいたしてゆくだけ

またひととされ
そっとどこかでえた現実げんじつ わらぬ日々ひび

だけどたしかにかんじるきみぬくもり 鼓動こどう
これも真実しんじつだと
そしてくれない 紅塵こうじん
夕日ゆうひいまはじまる さあ

なぜ高鳴たかなこころまよ戸惑とまどかんじるの
はやくいたずらにあばれだすいたこわして

そらにじんだ けたくも
うちめたねがいががしてる
躊躇ためらったひとみ かぶなみだ
でも明日あしたちからえて

すべてささげて りた
えるやいばひとつでやみ
いつだってむねおくひかり またたかせて
この一身使命しめいたしてゆくまで