「お米のおはなし」の歌詞 川越シェフ(川越達也)

2012/4/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
はる陽差ひざしに芽吹めぶいたきみを となりでかんじたこめひとり
なつ太陽たいようあめのシャワー たっぷりびておおきくなって

こいする季節きせつきみぼく

あきになれば二人ふたり はなばなれになって
あきになれば二人ふたり それぞれの道炊みちたかれてく

かぜれる素敵すてききみながめてごすこめひとり
まぶしいあさとロマンティックなよる 何度なんどえて黄金色こがねいろ

かがや季節きせつきみぼく

あぁ神様かみさまねがおなじおさらにいさせて
チャーハンでもいいパエリヤでも
いつまでも一緒いっしょにいられるように

いつもぼくおもうよ しろくふっくらとあたたかいきみ
いつでもぼくおもうよ やさしいきみかおりを

ずっとずっとわすれない

あぁ神様かみさまねがおなじおさらにいさせて
あぁねがかなうなら 二人寄ふたりよひとつのおにぎり

あきになれば二人ふたり はなばなれになって
あきになれば二人ふたり それぞれのみちをそれぞれにかれてく

いつもぼくのとなりで しあわせくれてありがとう
はる陽差ひざしに芽吹めぶいたきみを いつまでもいつまでも love you