「うらはら」の歌詞 工藤静香

1992/5/21 リリース
作詞
松井五郎
作曲
後藤次利
文字サイズ
よみがな
hidden
とてもきだけど
なぜかいじめたい
そばにいたいほど
きつくあたりたい
あなたしかない
むね不憫ふびん
だってかわいそうよ
もてもしないけど
嫉妬しっとしてほしい
秘密ひみつめいた指輪リング
そっとてほしい
をあわせれば
どんな陰謀しかけ
きっとばれちゃうのに
わかれぎわじゃあねと
めたDoor
かえれずにもたれてる
うそつきむすめひとり
素直すなおになって
びこんじゃえば
靴音くつおとになにも
かないでいい
どうしたと
かぜかたたたかれ
くちびるんで Ahわらった
こころは うらはら
いてほしくても
わざとそらしたい
ゆるしすぎるから
あいがもったいない
さみしがりやに
なった不幸ふこう
ほんとあきれちゃうよ
おしゃべりのうまい
女友達おんなともだち
びだしたくせに ほら
いらいらむすめひとり
馬鹿ばかだとって
あきらめちゃえば
なぐさめでだれ
さそうかしら
よそいきがお
つくるそばから
ためいきがこわす Ahこまった
どこまで うらはら

素直すなおになって
びこんじゃえば
星屑ほしくずになにも
かないでいい
いたいと
かぜにささやいたって
くちびるんで Ahかえった
どこまで こいつ
うらはら