1. メタモルフォーゼ歌詞

「メタモルフォーゼ」の歌詞 工藤静香

1991/10/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
だめじゃないのに
だめなふりして ゆるくちびる
あなたの肩越かたごしに
ふるえる星座せいざ
ゆめでいいでしょう」
いきかせても
はだ裏切うらぎ
こころをそそのかし
しあわせねだる
戸惑とまどいも ぎすてた
北風きたかぜ窓辺まどべ
さみしさは
おんなをわからずやに
してしまう戯言たわごと
どうにかなりそうに
いて
なりふりかまわずに
ためいきは はないろ
まなざし つきえて
どうにもならない きよ
どこでも さらって
うそじゃないのに
くちにするから
あいははかない
いっそくちびる めば
無口むくちになれる
「かまわないでしょう」
いいなりになる
むね高鳴たかな
いいとってくれるまで
あなたにあげる
戸惑とまどいもぎすてた
月灯つきあかりのなかで
またすぐに
なみだみだされる
この気持きもち わかって
どうにかなりそうに
いて
なりふりかまわずに
ふたりきり さがしあてる
綺麗きれいになれるこた
どうにもならない きよ
どこでも さらって

こんなにあいしていいの
キリキリするくらい
さみしさを わすれられる
やさしさに れながら
どうにかなりそうに
いて
なりふりかまわずに
ためいきは はないろ
まなざし つきえて
どうにもならない きよ
どこでも さらって
夜明よあけは まだ
とおいどこかにあるわ
なみだも まだ
とおいどこかにあるわ