1. 千流の雫歌詞

「千流の雫」の歌詞 工藤静香

1990/5/9 リリース
作詞
愛絵理
作曲
後藤次利
文字サイズ
よみがな
hidden
吐息といきのさけぶこえ
かすかにこえてる
もう一度いちどかきあげて
からむながかみ
いろづくはずの ほほ
なぜいまも こごえたまま
いく千粒せんつぶゆめ なが
たとえ れたって
もとめる姿追すがたおつづけても
いは ないでしょう
ゆびちた
このしずくつめたい

さき きりなか
なにえないけど
どこまでもあいせるわ
すべてなくしても
ガラスのいとをつなぎ
しずかに なぞってるの
吐息といきまじりのこい
いつかきっとわるから
どんなあめ
うたれた ままでも
つらくない でしょう
(ああ おもいはつのるほど
貴方あなたしかあいせない)
ああ せつなさつのるほど
貴方あなたしか貴方あなたしか

いく千粒せんつぶゆめ なが
たとえ れたって
何千年先なんぜんねんさきいまでさえ
貴方あなた もとめるわ
こいちた
しずくたちの つぶやき