「恋一夜」の歌詞 工藤静香

1988/12/28 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
れたかみ
はじめてせたよる
こころいた
かれて いながら
さみしくて
かさねてゆく
くちびるでさえ たぶん
こたえだせない
あつくなるはだ
しんじるのに
ひとみじて ねがいが
かなえられたと かんじた
その瞬間ときに…
まだふかあい
かならずある
わからない わからない
どうなるのか
きりがない きりがない
ふるえるむね
あなたのうでくるいながら
こわれて しまいたくなる
どこまできに
なればいいの
なみだわりはないの
なぜ
つめのさきが
シャツの背中堕せなかおちて
めまいのあらし
譫言うわごとみたいに
あなたを
もとめあうまま つかんで
たしかめあった ぬくもり
そのさきに…
えつきる
あいがかならずある
くるしくて くるしくて
かすれるこえ
せつなくて せつなくて
えないよる
ふたりであたえあえる
ゆめ
うそになんか したくない
どこまでつよくなれば
いいの
いたみをふりきれるまで

わからない わからない
どうなるのか
きりがない きりがない
ふるえるむね
あなたのうでくるいながら
こわれて しまいたくなる
どこまできに
なればいいの
なみだわりはないの
なぜ