「慟哭」の歌詞 工藤静香

1993/2/3 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
けられてるかも
しれない予感よかん
それとなく それとなく
かんじてた
あいされてるかも
しれない期待きたい
かろうじて かろうじて
つないだ
はなしがある、と
れたように
いかけた あなた
げるわたし
けよ、イヤよ、けよ
ってるわ
ひとばんじゅういて
いていて
がついたの
ともだち
なんかじゃないと
いうおも
ひとばんじゅういて
いていて
わかったのに
おまえもはやくだれかを
さがせよと
からかわないで
エラそうに

あやしまれるほど
みみもとちか
ひそやかに あなたから
たずねた
どうおもう? なんて
視線しせんさき
あいされびとが
たたずんでた
そうね 二人ふたりとても
似合にあうわ
ひとばんじゅういて
いていて
がついたの
ともだち
なんかじゃないと
いうおも
ひとばんじゅういて
いていて
わかったのに
いちばんさきらせた
ともだちが
わたしだなんて 皮肉ひにくだね

でも、わらってるわ
でも、ちゃかしてるわ
こんなひと どこに
かくしてたの
ひとばんじゅういて
いていて
がついたの
ともだち
なんかじゃないと
いうおも
ひとばんじゅういて
いていて
わかったのに
おまえもはやくだれかを
さがせよと
からかわないで
エラそうに