1. 雨夜の月に歌詞

「雨夜の月に」の歌詞 工藤静香

2007/5/23 リリース
作詞
愛絵理
作曲
山口寛雄
文字サイズ
よみがな
hidden
どんなにつよきしめていても もっとつよきしめていたい
ときられて はぐれそうだよ いとしきひと

つよがるだけじゃ 何一なにひときみまもれないといた
この空飾そらかざほしじて ねがってるから

かなしみが かぎりなくつづいたみなら そのあいねむらせて
つのおもいは 雨夜あまよつき
くちびるさみしさをかたるそのまえふさぐようにキスして
はなびらが今宵こよいそら

もっとだれらない はだかきみ めていたい
どんなにきか どれ程好ほどすきか かってるから

紫色むらさきいろひか稲妻いなずま 銀色ぎんいろ雨激あめはげしくて
よぎる不安ふあんしんじる気持きもちが こわされそうで

何処どこまでも なくつづせつなさを いとしさでつつみたい
つのおもいは 雨夜あまよつき
指先ゆびさきがためらうこと おぼえるまえせてしいいま
はなびらが今宵こよいそら

かなしみが かぎりなくつづいたみなら そのあいねむらせて
つのおもいは 雨夜あまよつき

くちびるさみしさをかたるそのまえふさぐようにキスして
はなびらが今宵こよいそら