「天華」の歌詞 己龍

2012/4/25 リリース
作詞
黒崎眞弥,遠海准司
作曲
九条武政
文字サイズ
よみがな
hidden
拝啓はいけい、__様

みのりのあきとなり、木々きぎこずえいろづひてまいりました。
-中略-
このむねがれれるやうに。
ぬくみが いまだあります。
__あなたしたひます。

煌々こうこうらす木漏こもせつなくかんじてこころ

きみよ、何処いづこへ…何時いつまでもってゐます
ひしがれたそら あかまる
彼行かれゆけば きて かぜりけり
終焉しゅうえん閃光ひかり両手翳もろてかざして

拝啓はいけい、__さん

冷雨れいうつづ鉛色なまりいろそら今日きょうひてをります。
-中略-
笑顔えがおで きっと かえります。
含羞はにか写真しゃしんをおまもりに。
__あなたよ どうか それまで…

ゆらゆらとれる篝火かがりび刹那せつないななはげしく耀かがや

きみよ、何処いづこへ…何時いつまでもんでゐます
ひしがれたそら あかまる
我征われゆけば きて かぜりけり
終焉しゅうえん閃光ひかり両手翳もろてかざした

あいよ、さちあらんことを…」

きみよ、何処いづこへ…何時いつまでもひてゐます
つかめるとしんじて 双手翳もろてかざした
彼行かれゆきて 我征われゆけば ついへてもなお
のまゝれやうとはなちず

一輪いちりん天華てんげつて