「妖語」の歌詞 己龍

2012/4/25 リリース
作詞
酒井参輝
作曲
酒井参輝
文字サイズ
よみがな
hidden
いまにしておもえばすべてが骨頂こっちょうなに相違無そういな
しんじるこころ無意味むいみさをあじわえどソレはかぎりなく無味むみ
順風満帆じゅんぷうまんぱんにもえた…どろまみれているともらず
さちぬくもりにかれてた…めたよどみにしずむともらず

あざむくかあざむかれるか…ふたつにひとつが現世うつしようつさが

いたいよ…いたいよ…
ほねきしおとざる悲鳴ひめい獄炎ごくえんにかきされていく
気付きづいて…気付きづいて…
「ワタシ」はここにいる…なみだけたソレがかた妖語あやかしがたり

なげく「ワタシ」をながめてはのどらしている「アナタ」
いびつわらめんかぶるソレを「アタシ」だとってか
ひとふたつとすすときけのかわがれたのは
「ワタシ」でも「アタシ」でもなくしんじていた「アナタ」でした

あざむくかあざむかれるか…ふたつにひとつのうつつ
「アレもコレもすべてが勘違かんちがいだった」ときざまれてなかおもりました

くらいよ…くらいよ…
かさぎたあかうばった…ひかりかげも…なにもかも…
たすけて…たすけて…
うわそらの「アナタ」 舌舐したなめずりが最後さいごせてくれた景色けしき

いたいよ…いたいよ…
ほねきしおとざる悲鳴ひめい獄炎ごくえんにかきされていく
気付きづいて…気付きづいて…
「ワタシ」はここにいる…なみだけたソレがかた妖語あやかしがたり

いまにしておもえばすべてが骨頂こっちょうなに相違無そういな
しんじるこころ無意味むいみさをあじわえどソレはかぎりなく無味むみ
馬鹿故ばかゆえかされていても、みとめられぬのは絵空事えそらごと
ほねのこらぬ お粗末様そまつさま 無味むみわる