「怪火」の歌詞 己龍

2011/3/2 リリース
作詞
酒井参輝
作曲
酒井参輝
文字サイズ
よみがな
hidden
何時いつまでも…何処どこまでも…ただそばたかっただけなのに…
つめたい拒絶きょぜつ純粋無垢じゅんすいむくくろがす…
ゆるされないあいではない…あいすることゆるしてもらえない…
つめたい拒絶きょぜつあいかたちいびつえていく

貴女あなたはじめてぼくにくれたモノは貴女あなたさえも気付きづいてない
それくらいにちいさくあわよわくかぼそい「やさしさ」

そこにあいおぼえてはむねけられるよう
日々ひびくるしくてげた美徳びとく異常愛いじょうあい

何時いつまでも…何処どこまでも…ただそばたかっただけなのに…
つめたい拒絶きょぜつ純粋無垢じゅんすいむくくろがす…
ゆるされないあいではない…あいすることゆるしてもらえない…
つめたい拒絶きょぜつあいかたちいびつえていく

貴女あなたいやがる理由わけりたい
ぼくこばむその理由わけを…

至極しごくあいしあわせにはないの?」

何時いつまでも…何処どこまでも…ただそばたかっただけなのに…
つめたい拒絶きょぜつ純粋無垢じゅんすいむくくろがす…
ゆるされないあいではない…あいすることをゆるしてもらえない…
つめたい拒絶きょぜつあいかたちいびつえていく

貴女あなたなみだするよりもぼくほういたおもいをしてるはずなのに…