「狐」の歌詞 己龍

2011/3/2 リリース
作詞
酒井参輝
作曲
酒井参輝
文字サイズ
よみがな
hidden
かすまどわすのは愛故あいゆえ
燦々さんさんそそぐのは哀故あいゆえ

祝儀しゅうぎ葬列そうれつ

刹那せつなでもあり永久とわでもあり
かすかにえる笑顔えがおなみだほろり

燈籠とうろうあかりがたたえるつめたいぬくもり
かびがり、そうしてえる…またかんで、える…
足音あしおとだけがみぎからひだりへ…

暗中模索あんちゅうもさく
五里霧中ごりむちゅう
朧月おぼろづきいざなわれ
えぬ…えぬ…」となげいては、おそおそしのあし

彼方かなたからこえる祭囃子まつりばやし
つつみ咆哮ほうこう幾千いくせん慟哭どうこく

泥濘ぬかるみがそのいのちこばむかのごと
幼心おさなごころがそのいのちすかのごと

燈籠とうろうあかりがたたえるつめたいぬくもり
かびがり、そしてえる…またかんで、える…
足音あしおとがづけば背後はいご

暗中模索あんちゅうもさく
五里霧中ごりむちゅう
朧月おぼろづきいざなわれ
えぬ…えぬ…」となげいては、おそおそしのあし

きはよいよい…かえれない…
此処ここ何処どこ…?
こわい…こわい…」となげいては
祭囃子まつりばやしわり

暗中模索あんちゅうもさく
五里霧中ごりむちゅう