「カルチェラタンの雪」の歌詞 布施明

1979/12/21 リリース
作詞
門谷憲二
作曲
岡本一生
文字サイズ
よみがな
hidden
わるかった
もうかせたりしない
だからはやく
コートを
ともだちに
おやすみをって
って いえかえろう
さむかった
よるひとりでるのは
ずっと きみおもっていて
まどをたたく
かぜのいたずらも
きみ足音あしおとこえた
ゆきがふる かねがなる
くちづけはあるきながら
カルチェラタンの
かなしいあかりが
こおりつかないうちに

こわかった
もうえないがして
どんなあいにもあかしはなく
さよならは突然とつぜんにくると
ぼくだってっているから
して
をつけたい 煙草たばこ
とおりすぎる ふゆなか
った
あのころのままに
さりげなくうでをからめて
ゆきがふる かねがなる
くちづけはあるきながら
カルチェラタンの
かなしいあかりが
こおりつかないうちに
ゆきがふる かねがなる
くちづけはあるきながら
カルチェラタンの
かなしいあかりが
こおりつかないうちに