「君は薔薇より美しい」の歌詞 布施明

1979/1/17 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いきをきらしむねをおさえて
ひさしぶりねときみわら
ばかだね
そんなにいそぐなんて
うっすらあせまでかいて
なぜか今日きょう
きみしいよ
ちがおんなったみたいだ
からだにまとった
かげりをぎすて
かすかにいろづく口唇くちびる
にみえないつばさひろげて
たしかにきみかわった
あるくほどにおどるほどに
ふざけながら
じらしながら
薔薇ばらよりうつくしい
ああ きみかわった
あい日々ひび
べるほどには
こころなにっていない
いつでもきしめ
いそぐばかり
つめることさえわす
わらいながらかぜいかけ
きみさそわれってみよう
だましたおとこ
だまされるとき
はじめておんなるのか
えないつばさひろげて
しずかにきみかわった
はしるほどにわらうほどに
ゆめみながら あいしながら
薔薇ばらよりうつくしい
ああ きみかわった
あるくほどにおどるほどに
ふざけながら
じらしながら
薔薇ばらよりうつくしい
ああ きみかわった