「積木の部屋」の歌詞 布施明

1974/3/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いつのにかきみ
くらしはじめていた
西日にしびだけがはい
せまい部屋へや二人ふたり
きみ出来できることは
ボタンけとそうじ
だけどりていた
やりきれぬ
さびしさも愚痴ぐち
おたがいの
ぬくもりでした
もしも どちらか
もっとつよ気持きもちでいたら
あいつづいていたのか
リンゴかじりながら
かたかしたよね
あいはあれから何処どこ

二人ふたりここをても
すぐにだれむさ
ぼくらにわか
恋人こいびとかもしれない
きれいきなきみ
みがきこんだまど
どんなあかりがともる
かぎりない もめごともうそ
わかれだとなれば
なつかしい
もしも どちらか
もっとつよ気持きもちでいたら
あいつづいていたのか
こんなおわらず
部屋へやをさがしたころ
そうさあのがすべて
そうさあのがすべて