「いつか離れる日が来ても」の歌詞 平井堅

2008/4/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
魔法まほうのような笑顔えがお何度救なんどすくわれただろう
をつないだかえみち ふと心細こころぼそくなる

自分じぶんより大事だいじなもの にするのがしあわせだと
おしえてくれたきみぼくつよくもよわくもする

かんがぎだよ わらってよ」ぼくほほをつねるけど
このぬくもりにたされるほど
うしなこわさにどうしようもなくおそわれるんだ

いつかはなれるても
出会であえたすべてをやむことだけは してしたくないから
ねぇ いまキスしてもいいかな?
なぜだろう こんなにきみおもうだけで なみだるんだ

きみという宝物たからものとなりにいる奇蹟きせき
あのそらはおぼえている ときえおぼえてる

あい言葉ことばならべても 1ひとつにはなれなくて
このぬくもりにあまえてしまう
うしなこわさをかきよう何度なんど何度なんど

いつかこころこわれても
大好だいすきなきみにくことだけは してしたくないから
ねぇ 今抱いまだきしめていいかな?
どうしてこんなにきみおもうだけで くるしくなるんだ

いつかはなれるても
出会であえたすべてをやむことだけは してしたくないから
ねぇ いまキスしてもいいかな?
なぜだろう こんなにきみおもうだけで なみだるんだ

なぜだろう こんなにきみおもうだけで なみだが、、、るんだ