1. 横顔歌詞

「横顔」の歌詞 平井堅

1996/12/1 リリース
作詞
平井堅
作曲
平井堅
文字サイズ
よみがな
hidden
すこしずつ すこしずつでいい かなしみをぼくけてよ
ふるえてるとおひとみには ってゆくひとうつった

こんなにもちかいのに せつなさがぼくしばけてる
きそうな笑顔えがおきみすこしでもらくになる言葉ことばさがしてた

てて なにもかも つくろわないで ぼくまえでは
いつだって そのままを めること ちかうから
いまこの気持きも言葉ことばにして つたえたら うそになりそうで こわ

真夜中まよなかいたそのはなこごえてるぼくらした
みとってかえれるほど 簡単かんたんこいじゃなかった

星空ほしぞらかえみち 「きれいね」と 無邪気むじゃきにはしゃいでたね
つられて見上みあげたけれど こころきみ横顔よこがおだけを つめてた

ぐしゃぐしゃに けばいい おもいをすべて しなよ
すこしだけ やせたかた きしめるには はかなすぎて

もう他人たにんにはゆずれないとさけんでいる きみばしたうで

ひとりがくるしいよるは そばでうたってあげる
こんな自分じぶんおどろくほど いとしい

てよう なにもかも しいものなんて ひとつあればいい
きみという ぬくもりを にするために きている
いま どこまでもつづひろうみになって きみつつんでいたい
となりにいるよ ずっと