「スタート・ライン」の歌詞 平原綾香

2006/3/22 リリース
作詞
平原綾香
作曲
沢田完
文字サイズ
よみがな
hidden
はなのやさしさも うみてないふかさも
ぼくってる ただ、ほかだれよりも
あいされることをらないだけ

ビルの隙間すきまからえたおおきな太陽たいよう
なみだでにじんだぼくかして
かなしみをそらかえした

はしつづけたい どんなにきずついても
いつかぼくあたらしい スタート・ラインに
はしつづけたい どんなことがあっても
かみさまがくれた スタート・ラインだから

電線でんせんにからまったくもがちぎれてゆく
なぜ あのときつよめて
微笑ほほえんであげられなかった?

もしも ゆるされるのなら うしなったあのもどって
後悔こうかいのこしたこの両手りょうてで もうひとりにはさせない

まもつづけたい あいがここにある
いつかぼくあたらしい スタート・ラインに
はしつづけたい どんなことがあっても
かみさまがくれた スタート・ラインだから

まもつづけたい あいがここにある
いつかぼくあたらしい スタート・ラインに
はしつづけたい どんなことがあっても
かみさまがくれた スタート・ラインだから